歌手になりたい中学生がやるべきこと

歌手になりたいという思いがでてきた中学生のあなたへ。
こんな夢をもっても色々と不安ですよね。
本当になれるのか?周りに引かれるんじゃないか?とか。
親に反対されるかも、というのもあります。
高校生になるまで、夢を待ったほうがいいのかについてもまとめました。

 

高校生なるまで待つ必要はないけど

 

中学生のうちは勉強も頑張るべきです。

 

ですが、夢をあきらめる必要もない。

 

時間は有限なので、何でもやるのは無理があります。

 

理想のパターンとしては、日中は勉強を頑張り、部活には入らずに放課後は夢のための活動をするということです。
ボイトレに通ったり、楽器の練習をしたり。

 

隙間時間でできることはいくらでもあります。

 

親に話す

 

親の理解を得ておくのも、夢を実現するためには大事なことです。

 

まだ親の保護下にいる存在なので、音楽教室も、ボイトレも親にお金を出してもらう必要がありますからね。

 

 

今後の夢のためにスムーズに進めるためにも、まずは親に話してみましょう。

 

きっと親は反対する、親が厳しい家なら、言うなんてとんでもない、となるかもしれません。

 

そういう場合は、何となく、「歌手になろっかな〜」とか、小出しにして反応を見るといいですよ。